その日も私は中年の健司と16歳の健司の三人で、新宿の歌声喫茶「ともしび」に行ってきた
三鷹に帰る健司は中央線に乗り、私と中年健司は西武新宿線に乗った
中年健司は「北山和彦」と名乗っているが、本名は山田健司、16歳の健司の未来の姿だ。
そのことを16歳の健司は知らない

「いつまでこんな生活続けるの?」
私と中年健司は各駅停車に乗っていた
59歳の健司が「座りたい」とボソッと呟いたので、混雑している急行は避けたのだ
還暦まじかの健司は最近ちょっと疲れ気味だ

「えっ?こんな生活って?」
「あの子をフォーク歌手にしようって生活よ」
健司は面倒くさそうに頷いて「フォーク歌手になるまでだよ・・・あの子がフォーク歌手になって有名になれば、詠子だって嬉しいだろ?」
「別に嬉しくはないわよ・・・それに、考えたことはあるの?あの子がフォーク歌手になるってことは・・・未来が変わるってことよ」
「そうだよ、未来を変えたいから、こんなことしてるんじゃないか」
「未来が変わったら、あなたは存在しなくなるかも知れないのよ?」
「ああ・・・そのことか・・・そんなこと気にしてたら何にも出来やしない」
「そんなことって・・・大事なことじゃないの」
「俺が存在しなくなるとしたら・・・誰が俺になるんだ?」
「そりゃもちろん、16歳の健司が成長してあなたになるのよ、いや違うな・・・あなたになるわけじゃない、59歳の健司になるのよ、その59歳の健司があなただとは限らないってこと」
「・・・俺はエロ漫画ばっかり書いてたからな・・・SFのことはよく分からない・・・だけどほら、ドラえもんって漫画あるだろ、あれに出てくるノビタはホントはジャイコと結婚するはずだったんだ、しかし頑張ればシズカちゃんと結婚出来る可能性があるんだ、ジャイコと結婚するノビタもシズカちゃんと結婚するノビタも、同じノビタだろう?」
「それは漫画のことじゃない・・・ちゃんとしたSF小説では未来が変わってしまうのよ」
「それだって小説の中のことだろう、誰もホントのことは分からないんだ、タイムマシンで過去に行った人間なんて、誰もいないんだからな」
健司は勝ち誇ったような顔で私を見た
中年男のこういう顔は憎たらしい

「・・・私、元の時代に帰りたいな」
こういうと健司はいつも困った表情になる、時々こうやっていじめたくなるんだ
「詠子だって楽しいって言ってたじゃないか」
「まあね、楽しいわよ、新鮮よ、でも私にはこの時代に居る目的が無いもの・・・毎日ぶらぶら16歳の健司くんと遊んでばかり・・・家に帰ると59歳の健司くんが居て・・・私の話し相手は健司くんだけじゃないの」
59歳の健司は困った顔をして口を尖らせた
困るといつも口を尖らせる、それが面白くていじめてるっていうのもあるけど・・・私ってSなんだなあと思う・・・

「働いてみようかな?」
「働く?」
「うん、働いてみたい!」
何気なく言ったセリフだったけど、口に出してみるとホントに働きたくなった
それが一番いい考えだと思えた
「決めた!私働く!いいでしょ?」
健司は更に口を尖らせた
「う〜〜〜ん・・・」
私は宣言した
「働きます!」
なんか楽しくなってきた


つづく



 翌週から健司はギターの練習をするということで、武蔵関にある中年男の家に出かけた。

三鷹から自転車で行けば10分くらいでその家に着く。

台所と六畳二間の小さな貸家。

健司がギターを習っている間、詠子は奥の部屋で本を読んでいた。

 

「よし、じゃあ弾いてごらん」

レコードを何回か聞いてコードの流れを練習した後に中年男が言った。

「今ですか?」

「そうだ」

隣室に詠子が聞いていると思うと、健司はちょっと恥ずかしかった。

「さあ早く」

アルペジオ奏法に慣れない健司は指が吊りそうになりながらもゆっくりと弾き出した。

 

イムジン河

作詞:朴 世水

作曲:高 宗漢

日本語詩:松山 猛

補作曲:加藤和彦

 

イムジン河 水清く

とうとうと流る

水鳥自由に むらがり飛びかうよ

我が祖国 南の地

おもいははるか

イムジン河 水清く

とうとうと流る

 

北の大地から

南の空へ

飛びゆく鳥よ 自由の使者よ

だれが祖国を

二つにわけてしまったの

誰が祖国をわけてしまったの

 

イムジン河 空遠く

虹よかかっておくれ

河よ おもいを伝えておくれ

ふるさとをいつまでも

忘れはしない

イムジン河 水清く

とうとうと流る

 

「よし!よく出来た、だいぶ上達したじゃないか」

 

健司はちょっと嬉しかった。この間まではアルペジオ奏法なんて全然出来なかったのに、中年男の指導のおかげで何とか出来る様になった。

隣室の襖の間から、詠子が覗いていた。

ニコッと微笑んでくれた。

健司の顔が真っ赤になった。

 

怪しげな中年男にギターを習っているのも、詠子に会えるからだ。

しかし、いまだに二人の関係がよく分からない。

中年男の名刺には(北山和彦)と書いてあったが、フォーク・クルセダーズの北山修と加藤和彦の名前を足したような名前は怪しげだった。

美少女の名前は田中詠子だから、親子では無さそうだ。

じゃあ、恋人?

しかし年齢差がありすぎる。

詠子は15歳だと言っていたし、中年男北山和彦はどう見ても60歳近い・・・。

 

「コーヒーでも飲むか?」

 

北山が台所に行った。

隣室との間の襖の隙間から詠子が見える。

分厚い本を読んでいる。

健司は思い切って声をかけてみた。

 

「何読んでるの?」

詠子は本から目線を離さずに答えた。

「ハリー・ポッター」

「え??はりぽた?」

詠子は笑いながら「ハリー・ポッターよ、ハリー・ポッターと賢者の石」

あまり本を読まない健司には、聞いたこともない題名だった。

北山がインスタントコーヒーを入れてきた。

北山は何も入れずにブラックのまま飲んでいるが、健司は砂糖とミルクを入れないと、苦くて飲めない。

詠子も本を抱えたまま隣室からやってきて、健司の隣に座った。

インスタントコーヒーを何口か飲んだ後。

「あれ!煙草が切れた・・・仕方ないな、ちょっと買いに行ってくる」

北山はそう言うと詠子の返事も待たず、立ちあがって出て行った。

健司は緊張した。

家の中には詠子と健司だけ。

それも、ぬくもりが感じられそうなほど近くに居る。

詠子は何にも気にしていない風だが、健司は恥ずかしくて顔を見ることも出来ない。

何か話しかけたほうがいいのかもしれないが、何を話していいのか分からない・・・。

突然詠子が立ちあがって、部屋を出て行った。

怒ったのかなと思ったが、トイレのドアが開く音がした。

 

・・・なんだ、トイレか・・・

 

大きく息をした。

あのままだったら、窒息していたかもしれない・・・。

 

詠子の座っていたところに(ハリー・ポッターと賢者の石)という本が置いてある。

健司はそうっと手に取り開いてみた。

 

・・・子供向けの本か・・・

 

何かほっとした。

すごく難しい本を読んでいたら、詠子に対して軽々しく話しかけられない気がしたが、子供向けの本を読んでいるなんて、ちょっと親近感が湧いてきた。

何気なく奥付を見た。

 

1999年12月1日

 

・・・1999年?・・・

 

今は1969年だ・・・今から30年後の本?・・・

詠子に抱いた親近感が消えた。
やっぱり謎の二人だ・・・


 

つづく

 

時は1969年7月
新宿西口淀橋浄水場跡地で京王プラザホテルの工事をやっている頃・・
16歳の高校一年生山田健司は至って普通の高校生活を送っていた。
巷ではフォークソングが流行っていたので、彼もまたその波に呑まれ、中古のガットギターを友人から安価で買い、練習していた。
だからといって、フォークシンガーになろうなどと、大胆な夢は今のところ持っていない。

もちろん彼女はいない。
奥手の彼のあこがれの女性は、ピンキーとキラーズのピンキーだった。
前年「恋の季節」で衝撃的にデビューしたボサノバグループである。
「恋の季節」はオリコンチャート17週1位になっている。
彼の部屋にはピンキーとキラーズの大きなポスターが貼ってあり、それを見るたびに彼の胸はキュンとなった。
童貞の高校一年生に取ってはそれくらいの刺激で充分だった。

彼の将来の夢は漫画家になることだった。

「巨人の星」「あしたのジョー」「天才バカボン」「ゲゲゲの鬼太郎」「ハレンチ学園」「男一匹ガキ大将」「秘密探偵JA」「火の鳥」「漫画家残酷物語」「フーテン」「ジュン」
1967年に創刊されたCOMの影響も大きかった。
「いきぬき」で月例新人賞を取った青柳裕介。鮮烈な印象でデビューした岡田史子。

何とか頑張ってCOMで新人賞を取ってデビュー・・・。
でも、それでさえ、雲の上のことのようで、彼には手が届かない儚い夢に思えた。

そんな彼の前にある日突然、一人の中年男と、ピンキーより可愛い美少女が現れた。

中年男は「URCの山だと言います、初めまして」と名刺を差し出した。
オドオドしながら名刺を受取る彼には、何が起きているのか理解できなかった。

「URCと言うのは、アングラ・レコード・クラブの略称でございます。今回、自主制作でいろんなフォークシンガーのレコードを通信販売で配布することになりました。いま予定しておりますのが、岡林信康先生と五つの赤い風船先生のアルバムでございます。第二回、第三回と配布していく予定でありますが、第二回以降、ぜひ山田健司先生のアルバムも配布させていただければと思って、本日参上したわけでございます」と縦板に水の調子で一人で話す中年男。
彼に向って満面の笑みを見せている中年男。
なぜか他人のような気がしない・・・親戚?
今まで会ったこともないはずなのに、鏡に映った自分を見るような変な気分。

中年男が言ったことの半分も理解できなかった。

・・・何の話し?・・・

中年男の横には冷めた目で自分を見ている美少女。
彼女は、同じ時代に生きている雰囲気をまるっきり感じなかった。
まるで、遠い空の彼方からやってきたような不思議な美少女・・・


つづく




 

1

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

ことはネコ

ワンワンむっちゃん

ルンルンみやこ

おねだりメイペンギン

着ぐるみなおこ

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM