ある朝目覚めると道の真ん中らしきところで横になっていた。
周りでたくさんの人々が私を見下ろしている。
行き倒れだと思われたみたいだ。
私は誤解を晴らすためにすぐに立ち上がり。
「大丈夫です、私は何ともありません、ご心配かけました」
そう言って頭を下げたが、周りの人々からは何のリアクションも無い。
反対に(邪魔な奴がいなくなった)風な多少の安堵感さえ伝わってくる。
私が占めていた空間に人々が押し寄せ、あっと言う間に人ごみに飲み込まれてしまった。
ただ、人々はどこに向かおうとしているのでもなく、ただそこに佇んでいるだけだ。
私は家に戻ろうと思い、群衆から抜け出そうとしたが、佇んでいる人々は動こうとしてはくれない。
しかしここは満員電車の中ではない。見上げると青い空に白い雲。普通の路上のようだ。
「すいません、ちょっとここから出してください」
周りの人々が怪訝な表情で私を見る。
「家に帰りたいだけです、すいませんここから出たいんです」
後ろから腕を掴まれ怒鳴られた。
「ここからは出られない、じっとしていろ!」
「出られないってどういうことですか?一体ここはどこなんですか?」
「ここは武蔵関の駅前だ」
駅前ってことは私の家は歩いて10分だ。
「ここから出してください。一体これは何の行列なんですか?有名な関のボロ市ですか?私を家に帰してください」
最後の方は悲鳴のようになってしまった。
非難の声が私に向かって一斉に浴びせられた。
「うるさい」
「黙っていろ!」
「叫んだってどうにもなりゃしない!」
どうにもならないって・・・
すると突然前に立っていたサラリーマン風の男が立ち小便を始めた。
「なななな何だ?」
私のズボンに小便が跳ね返る。
強いアンモニア臭が漂ってくる。
しかし、周りの人々は何も文句も言わず見て見ぬ振りで佇んでいる。
「仕方ないんですよ、この群衆から抜け出ることは出来ないのですから、トイレに行くことも出来ないんです」
声の方に顔を向けると、度の強いメガネをかけた初老の男が悲しそうな顔で空を見ていた。
「食べるものは時々まわってきますから、それで空腹を癒してじっと立っていれば良いんです」
「どうしてここから出られないんですか??どうして家に帰っちゃいけないのですか?」
初老の男は私を見つめて「あなたの家も満員だからです。どこに行ってもこんな状態なんですから」
私の家も満員?
どこへ行っても満員?
「どういうことなんですか?」
「ここは四次元の世界です。あなたはきっと三次元の世界からここに迷いこんできたのでしょう」
「四次元?」
「三次元の世界はご存知ですよね。幅と奥行きと高さのある世界」
「ええ、もちろん知ってます。ここが四次元ってことは、時間軸が加わった世界ってことですか?」
「いえ、違うんです。この四次元は三次元の要素に不老不死が加わった四次元なんです」
「不老不死?」
「そうなんです、ですからここの住人は死ぬことはありません。生まれたら生き続けるしか無いのです。誰も死なないのですから、ご覧のように人口が増えすぎて地球上は人間だらけです。どこもかしこも満員電車状態です。昭和の山手線状態です」
「三次元に不老不死が加わって四次元?そんな四次元が存在するのか??」
初老の男は「ここにあります」と言って悲しそうに笑った。

おしまい



 


森の奥に住んでいる怪物のドンちゃん。
お母さんと二人暮らし。
お父さんは人間に殺された。
怪物は人間の天敵なのだ。
「森から出ちゃダメよ、殺されちゃうからね」
お母さんにはいつもそう言われてる。

ある日テレビを見ていると、ゆるキャラと呼ばれる怪物が子供と遊んでいた。
ドンちゃん考えた。
・・・怪物なのに、みんな怖がってない?・・・
テレビの中のゆるキャラは子供に大人気。
・・・いいな、僕も一緒に遊びたい・・・

お母さんが昼寝しているスキに、そっと家を抜け出して街に出かけた。
大きな公園から子供たちの歓声が聞こえてくる。
ドンちゃんが公園の入口でウロウロしていると、係員の人が近寄って来た。
・・・もしかして殺されちゃう!?・・・
ドンちゃんビクビク。
「さあ、こっちですよ」係員は優しく言うと、ステージに連れて行ってくれた。
そこにはドンちゃんみたいな怪物がたくさん集まっていた。
・・・わあ!僕の仲間がいる〜〜!・・・
子供たちはドンちゃんを見て「可愛い〜〜」なんて言っている。
・・・人間ってホントは怪物のこと好きなんだ!・・・

ゆるキャラコンテストが始まって、ふなりんってゆるキャラが優勝した。
ドンちゃんはふなりんに「良かったね」と話しかけると
「嬉しいふな〜〜〜」と答えてくれた。
ふなりんとドンちゃんは仲良しになった。

コンテストが終わった。
ドンちゃんはふなりんに「もっと遊ぼうよ」と話しかけた。
でもふなりんは「ふざけんなよ!次の仕事が待ってんだ。子供じゃあるまいし遊んでいるヒマなんてねえよ!」
そう言いながら後ろのチャックが開くと、中からおじさんが出てきた。
ドンちゃんびっくり!
・・・あれれれれ?ふなりん怪物じゃないんだ!中に人間が入ってるんだ!・・・

ふなりんの中に入っていたおじさんは「お疲れ様〜!あ〜忙しい忙しい!」と言いながらタクシーに乗った。
ドンちゃんガッカリ。
・・・怪物だと思ってたけど、みんな中に人間が入ってるんだ・・・

そうしたら、後ろから声が!
「僕たちは中に人間なんて入ってないよ」
「本当の怪物だよ」
振り返ると、ゆるキャラたちがニコニコしてドンちゃんを見つめていた。
「ゆるキャラのふりしてると、人間は僕たち怪物を殺さないんだ」
「だから、ドンちゃんもこれからはゆるキャラのふりをしたほうが楽しいよ」
ドンちゃん大喜び!
「わ〜い!そうなんだ!」

次の日からドンちゃんとお母さんは、親子ゆるキャラとして街の人気者になりました。

おしまい


 

今日もまた女の上司に怒られた、それも年下だ。

パソコンは苦手だ。

ノルマの枚数が終わらないと家に帰れない。ノルマが達成できないと給料が減らされる。

こんな生活、昔とちっとも変わらない。

楽になったと思ったのは一時期だけだ。

結局給料は上がらないし、忙しいのは変わらない。

デジタルアニメ制作になって楽になったのは制作進行だけじゃないのか?

そりゃ確かに、俺たち仕上げの仕事も楽になった。

しかし一枚あたりの単価は下がった。

おかげで今も同じように苦しい生活だ。

それでもこの仕事をやっているのは、アニメが好きだからだ。

俺がペイントしたキャラクターが画面で動く、素晴らしい。

それだけが楽しくて、50歳になってもアニメのペイントしている。

デジタル制作になったのは何年前だったかな?まだ俺は30代だったから、もう20年くらい前なのかな?あの時アニメ業界を去って行った連中はどうしているのだろう?ペイントから撮影までパソコンで出来るようになって、アニメ業界を辞めた連中はたくさんいる。みんなどこへ行ってしまったのだろう・・・

この仕上げスタジオも若い女の子ばかりだ。俺みたいなおじさんは居ない。

俺がミスするたびにみんなが笑う。

仕方ないだろ、俺が子供の頃にはパソコンなんて無かったんだから。

クリックとかドラッグとか言いやがって、日本人なら日本語使えってんだ!

絵の具の時代には、俺は一日千枚塗った記録だってあるんだからな。

切り張りだって表塗りだって何でもできた、マシンかけるのも得意だったなあ・・・

セルの魔術師と呼ばれたものさ・・・あの頃が懐かしい・・・

もう一度あの時代に戻りたい。

セルアニメの時代に・・・

 

何とかノルマを終わらせて、俺はアパートへ帰り爆睡した。

そして二日後スタジオに行ってみると、机の上からパソコンが無くなっていた。

俺が爆睡している間に世界中のパソコンが使えなくなっていたのだ。

原因は分からないらしい。

パソコンの代わりに絵の具瓶が置いてあった。

テレビアニメを毎週放送するために、パソコンが復旧するのを待っているわけにはいかず。昔のようにセルアニメで作ることになったのだ。

しかし、このスタジオにセルを塗れる人間なんて俺以外誰も居ない。

社長が俺のところに飛んできた。俺は仕上げチーフに昇進した、給料も上がった。若い連中は俺を尊敬した。セルの魔術師が戻ってきたんだ!アハハハハハハ!

 

アパートに帰ると部屋の中で悪魔が待っていた。

「あなたの三つの願いを聞きました。満足していただけましたか?」

初耳だった。

「三つの願いって何だ?悪魔って何だ?なんで俺の部屋にいる?俺は悪魔の友達なんかいないぞ!」

悪魔はニヤニヤしながら言った。

「私があなたに会ったのは、今から20年ほど前です。酔っ払って路地裏で吐いていたあなたの背中をさすってあげたのは私ですよ。あなたは叫んでいた。絵の具まみれの生活なんて嫌だ〜〜〜!って。だから私があなたの願いを叶えてあげたのです。絵の具まみれにならないようにパソコンで作業できるようにしたのですよ」

うっすらと記憶が戻ってきた。

確かに変なオヤジに背中をさすられた事があった。

「じゃあ、お前のおかげでデジタルアニメ制作になったって言うのか?」

「その通りです」

「それが俺の一つ目の願いだったのか?」

「仰るとおりです」

「すると、デジタルからセルアニメに戻ったのは二つ目の願いって事か?悪魔は三つの願いを聞いてくれるんだよな?よし!じゃあこの部屋いっぱいの金貨を出してくれ!いや、それだけじゃ足りないな。東京ドーム百個分の金貨を出してくれ!」

「出来ません」

「何故だ?百個分ってのは多すぎるか?・・・じゃあ東京ドーム一個分の金貨でもいいぞ!」

「あなたの三つの願いはもうすでに聞いております。セルアニメに戻したのが三つ目の願いです」

「それはおかしいぞ!一つ目が絵の具まみれにならないだろ?そうするとセルアニメに戻るのが二つ目じゃないか!」

「あの夜酔っ払ったあなたは私にこう言いました。俺をアパートに連れて行ってくれと。それが二つ目の願いだったのです」

何てことだ、酔っていた俺は悪魔と約束したことすら忘れていた。

すでに二つの願いを叶えてもらったなんて・・・


「さて、三つの願いは叶えましたので次に私が現れるのは、あなたが死んだ時です。その時までお元気で」

そう言うと悪魔は消えた。

次の日からまた絵の具まみれの日々が待っていた。


 

CXの星新一ミステリーSP「華やかな三つの願い」を見た私はすぐに服を着て雪道を転ぶながら駅前の高いビルの屋上に昇った。
屋上で靴を脱ぎ、ビルから飛び降りるポーズをしながら、悪魔が現れるのを待った。
するとすぐに後ろから「魂をくれるなら三つの願いを叶えてあげますよ」と言う声が。
喜んで振り向くとそこには悪魔ではなく、佐々木希似の悪女が優しく微笑んで立っていた。
私の願いは即座に決まった。
「あなたと二人で幸せな家庭を築きたい!」
 

メガネを拾った
かけてみると、街行く人々が全て美人に見える
私は感動した!なんて素晴らしいメガネだろう
電車に乗っても、会社に行っても、美人ばかり!
こんな美人の女の子に囲まれて生活しているなんて人生で初めての事だ
生きてるって素晴らしい!

ただ、ひとつ困った事がある・・・
みんな同じなのだ
同じように八頭身(古いか?)で小顔でウェストがキュッと締まってバストはFカップ
声は夏目ミクのような優しい声、みんな二十代前半
そして同じ顔
違うのは服装だけ
メガネをしていると区別がつかない・・・
でも、幸せだから気にしない!

そんなある日
スナックで調子に乗って飲みすぎてしまった私は、思わず店の女の子をホテルに誘った
その夜は燃えた
しかし、朝のベッドでメガネを外して見たのは、素っ裸で大の字に寝ている草臥れたおばさん
失神しそうになって思わずメガネをかけた
すると、ベッドに寝ているのはナイスバディの美人
もう二度とメガネを外すのは止めようと誓う私であった・・・



 

タイムマシンが完成した!
どういう原理で動いているのかは言えないが、確実に完成した。
発表したらノーベル賞は間違いないが、世間に知らせる気は更々無い。
自分が使うためだけに、長年研究してきたのだ。こんな素晴らしいモノを人に使わせてたまるものか!
時間旅行の最初の目的地は白亜紀。もちろん子供の頃から大好きだった恐竜の姿を生で見るためだ。
私はタイムマシンのエンジンを作動させ、目的地を7000万年前に設定した。この時代、ティラノサウルスが地上を闊歩しているはずだ。首からカメラを下げ、背中のリュックにはオニギリも入れてある。準備万端。
スイッチON!
タイムマシンは動き出した。エンジン音がうるさいのはタイムマシンだから仕方がない。やがて、タイムマシンは光に包まれた。修学旅行に行く前日よりも、彼女との初めてのキスよりもドキドキする。やがて周りの景色が微かに見えてくる。タイムマシンは草原の真ん中に到着した!やった!成功だ!ここは間違いなく白亜紀だ!エンジンを切ろうと思った瞬間、後ろから走ってきた恐竜に頭から食われた。エンジン音がうるさすぎて足音が聞こえなかったのだ。
意識が薄れる寸前、静音設計にしておけば良かったと後悔した・・・

 

  • 2014.01.05 Sunday
年末ジャンボの当選番号を確認してみる
5億円当たったらどうしよう
ホントに当たってたら、心臓が止まるかもしれない・・・
心臓麻痺で死んだ人の何%かは宝くじのせいではないだろうか?
などとつまらない事を考えながら確認する
一等賞金5億円・・・
5億円あれば、家が三軒くらい買える
三軒も家があったらどうしよう?
いっその事、七軒買ったほうがいいかも
日曜の家、月曜の家、火曜の家・・・なんて

確認終了
300円は当たっていた・・・
どうせこんなもんさ、なんて呟きながらタバコに火をつける

さて次は年末ジャンボミニ
一等賞金七千万円・・・
七千万当たったらどうしよう
家は一軒買えるだろうな
七軒も家があったら掃除が大変だ
年末ジャンボ当たらなくて良かったのかも
などと考えながら確認する
やはり貯金したほうがいいかな、不確かな世の中だからね
一年に一千万円使うとして七年間生きていける
何もしないのはつまらないかもしれないので、月に一本だけ絵コンテを描こう
優雅な生活だ
家を七軒持っているより優雅だ

確認終了
300円は当たっていた・・・
人生って思い通りにはいかないものさ、なんて呟きながらタバコに火をつける

宝くじで夢を買おうなんて間違っている
やっぱりコツコツと働かなくちゃ
などと教訓めいたこと呟きながら紫煙を吐き出す・・・



 

今年も年末がやってきた。年末と言えば大掃除。
そして私はいつも年末になると妄想除(もうそうじ)を行う。
一年間溜まりに溜まった妄想を掃除するのだ。
今年の妄想は今年中に綺麗にしないと妄想が溢れて足の踏み場が無くなってしまう。
ここに書くのも恥ずかしい妄想の数々、あんな事やこんな事・・・
そんな妄想を全てゴミ袋に入れて燃えるゴミの日に出すのだ。

例えば私はこんな妄想をする。
女の子とふたりで芝居を観に行く時の妄想。
芝居の後は飲みに行く。飲みながら観終わった芝居の感想を言ったり、色んな会話をしながら少しずつふたりの距離が縮まっていく。
一軒目は普通の居酒屋。二軒目はちょっとお洒落なバー。居酒屋では正面向きに座るふたりだが、バーではカウンターに座って横に並ぶ。肩が触れ合うくらいのその距離が良いのだ。そしてほろ酔い気味の彼女はこう言う。
「もっとあなたと一緒にいたいわ」
「俺だって同じ気持ちさ」
そしてふたりは足早にホテル街に向かう。
だから、二軒目のバーは必ずホテル街に近い店が選ぶこと、あまりにもホテル街から離れた店を選んでしまうと、そこまで歩いて行く間に女の子の気持ちが覚めていく、そういう時はすかさずタクシーに乗せてホテル街に直行だ!

なんて事を妄想しているのだが・・・いつも妄想で終わってしまう・・・
こんな妄想しているのがいけないのだろうか・・・
でも、妄想は心のオアシス(笑)
 

二年ほど会っていなかった同じ業界の知り合いからメールが来た。
それほど親しくない彼から、何故メールが来たのかと訝しく思ったが、とりあえずメールを開いてみた。
以下がそのメールの内容だ


お疲れ様です
何故僕からこんなメールが届いたのか、不思議に思うかも知れませんが、
アニメ業界で長年仕事してきた君なら、僕の気持ちが分かってくれるのではないだろうかと、
そんな気がしたので、メールを差し上げました。

シナリオ打合せして、絵コンテ描いて原画チェックして、背景打ち合わせして、ラッシュチェックして、
カッティングして、アフレコ行って、終わったと思ったらまた原画チェックして背景打ち合わせして、
ラッシュチェックして、カッティングして、アフレコ行って、ビデオ編集行って、オンエアの次の日は視聴率を気にして、
悪かったら落ち込んで酒飲んで、良かったら祝杯あげて酒飲んで、翌日は二日酔い。
毎週毎週同じことの繰り返し・・・
こんな事の繰り返しに何の意味があるんだろう?
ふと見上げた空の美しさに・・・僕は涙してしまいました。
これで生きているって言えるのだろうか?
僕の人生は、シナリオ打合せして、絵コンテ描いて原画チェックして、背景打ち合わせして、ラッシュチェックして、
カッティングして、アフレコ行って、ビデオ編集行って、終わったと思ったらまた原画チェックして背景打ち合わせして、
ラッシュチェックして、カッティングして、アフレコ行っての繰り返しで良いのだろうか?

そんな根源的な迷い道にハマリ込んでしまったのです。

そして僕は虫になることに決めました。
僕はいま虫です。
虫って素晴らしい!
打ち合わせも無いし、チェックも無いし、絵コンテ描かなくても誰も怒らないwww
毎日自由に生きています!
虫って素晴らしい!
僕は「アニメ演出家は虫になるべきだ協会」を作りました。
君も賛同してくれるよね?

でも、本当に虫って素晴らしいのか?とお悩みのあなた!
どんなに虫の生活が素晴らしいのかを、アニメにしてみました!YouTubeで見れます!
これを見たら「え〜〜〜?虫?」と思っている君も、虫の素晴らしさが分かると思います(๑≧౪≦)てへぺろ


以上が彼から来たメールだ。
虫になってもアニメ作ってるのか?
彼の現在の写真も添付されていた。
それは薄汚い蛾の写真。
何故「蛾」なんだ?
どうせなら「蝶蝶」になれよ(^_^;)

いま僕は、YouTubeを見るべきかどうか・・・悩んでいる・・・

 

小便をしている夢をよく見る
今朝がた見た夢の話しだ
私はコピー機に取り付けてあるシャモジのような形の便器に放尿している
それは時に溢れ床に滴り落ちる
溢れるほどに大量の小便が出てくるのだ
トイレには壁はない
部屋の中に置いてあるコピー機の前で我が陰茎を晒しているという情況だ
夢の中の放尿は容易に止まらない
そこに昔在籍していた会社のHとAが来る
二人は私を見ることもなく平然としている
Hはコピー機の蓋を開ける
中の機械が見える
Hはコピー機の故障を直そうとしているらしい
横にいるAに向かって「こういう時によく見て、直し方を覚えておくんだ」などと話しかけている
そこらあたりで目覚めたらしい
そしてもちろんすぐにトイレに行った
そのあいだにも夢の映像は薄れていく
だからいまあわてて書き残そうとしているのだ・・・安部公房のように・・・

小便の前に見ていた夢は甘美な夢だった
昔一緒に仕事をしていたIと言う女性と手を繋いでいる
そこでどんな会話があったかはもう覚えてはいない
ただ、その女性に対する思いだけを遠い記憶のように覚えているだけだ・・・

夢の話しなのでオチは無い・・・ごめんなさい





 


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

ことはネコ

ワンワンむっちゃん

ルンルンみやこ

おねだりメイペンギン

着ぐるみなおこ

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM