鬼プリのパン屋さんの巻


パン屋さんを開店した鬼プリと執事
珍しいパンをたくさん作り、お店は大繁盛
でも、いつも買いたそうにお店の前をうろうろする子供がいます
でも、一度もお店に入ってくることはありませんでした
しばらくうろうろした後、ため息をついて帰ってしまうのです

「いらっしゃい」と声をかけたいと思うのだけど、お客の相手が忙しくて出来ませんでした
鬼プリは「どうして入ってこないんだろう?」考えました
「そうだ!きっとあの子が食べたいパンが無いからなんだ・・・よっしゃ〜〜〜!もっといろんなパンを作ってみよう、そうしたらあの子が食べたくなるパンが出来るかもしれないぞ」

鬼の国では、ヤル気の無いぐうたら息子だった鬼プリ、なんかやけにヤル気満々

鬼プリはどんどん新しいパンを考えて作りました
そのうち、パンの種類がどんどん増えてお店の中がパンでいっぱいになってしまい、お店の外にまでパンが溢れてしまい、お客さんが入って来られなくなりました
おまけに、いろんな種類のパンを作らなくちゃいけないので、鬼プリは寝ている暇が無くなってしまい
いつもウツラウツラ
寝不足で気が短くなってしまい、ねずみの奥さんが歌っている時に思わず「うるさいぞ〜〜〜!」と怒鳴ってしまいました
機嫌の悪い店主とパンだらけで入ることのできないお店
お客さんは鬼プリのパン屋さんを敬遠して隣町のパン屋さんに行ってしまいました

鬼プリは悩みました「これじゃいけない、こんなにパンの種類を増やすからこんなことになってしまったんだ」
そう思い、パンの種類をひとつだけにして、一日一個だけ作ることにしました

一個だけにしたら、鬼プリもたっぷり寝られて気分爽快
でも、隣町のパン屋さんに行き慣れたお客さんが戻ってくることはありませんでした
だって、お店にパンが一個しか売ってないのですから・・・

不機嫌が治った鬼プリが、ニコニコしながら店番していると
あの子が初めてお店の中に入ってきました

「パンください」

あの子は、自分の好きなパンが無かったからお店に入ってこなかったわけじゃなくて
いつも満員のお客さんがごった返しているお店が怖くて入れなかっただけなんです

それからは、毎日来るその子のために一個だけパンを作りました

今回の教訓
「多すぎてはいけない」


つづく





 桃太郎、金太郎、浦島太郎、舌きり雀たちの住んでいるオトギの国がありました
その国の隣に鬼の国がありました
その鬼の国のプリンスがヤル気の無いぐうたら息子で有名な鬼のプリンス、鬼プリです、
あまりのヤル気の無さに、とうとうお父さんの鬼キングの怒りが爆発
鬼の国を追い出されてしまいました
「人生の厳しさを勉強してこい!」
鬼の執事と一緒に人間の国へ追いやられる鬼プリ
人間の国にはオトギの国から来た人たちがすでにたくさん住んでいました

鬼プリは、お父さんの許しが出るまで人間の国に住むことにしました
私鉄沿線の小さな寂れた商店街の一角にシャッターが閉まったままの元店舗があったので
そこの二階に執事と二人住むことにしました

となりの小さな平屋の家にねずみさん一家が住んでいました
ねずみさんの旦那さんはとても几帳面、毎朝同じ時間に会社に出かけ、同じ時間に帰ってきました
ねずみの奥さんは、旦那さんと違ってのんびり屋さん、子供たち13匹が登校した後はお昼まで寝ていました
子供たちが帰ってくると、13匹の子供たちに炊事洗濯掃除などやらせて、自分はオペラを歌っていました
ねずみの奥さんのオペラはとても上手なので、ボンヤリしながらその歌を聴くのが、鬼プリは大好きでした

毎日ぐうたらしながら鼻ほじったりオペラ聴いたりしながら二階の窓辺に寄りかかっていましたが、しまいに飽きてしまいました

生活費が苦しいと執事が嘆くので
シャッターを開けてお店をやることにしました


つづく


1

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

ことはネコ

ワンワンむっちゃん

ルンルンみやこ

おねだりメイペンギン

着ぐるみなおこ

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM