「よし!今日は新宿へ出かけるぞ!」
俺は詠子を連れて三鷹に出た
詠子に健司を誘いに行かせ、三鷹駅前で煙草を吸いながら待っていた

詠子に連れられて不機嫌そうな顔でやってくる健司
「なんで、突然呼びにくるんだよ・・・僕だって用事があるのに・・・」
不機嫌そうな顔をしているが、詠子に誘われると、健司だって嫌なわけがない
生まれてから一度も彼女がいない健司だから
女の子を相手に、どう対処していいのか分からないだけだ
詠子のように可愛い女の子が誘いに来て、嫌な訳が無い

それが証拠に、駅前で同級生に会った健司は、詠子と一緒の所を見られて
「また、学校で何か言われるよ〜」なんて言いながらも、嬉しそうだった

「それで、どこへ行くの?」
「歌声喫茶だ」
「うたごえきっさ?・・・なにそれ?」
「聞いたこと無いか?」
「うん・・・」
「あたしも知らない」
詠子が知っている訳が無い

俺たちは東京行きの中央線に乗った

「歌声喫茶の歴史を話すと長くなるから、とりあえず、灯の話をしよう」
「ともしび?」
「そうだ、ともしび・・・西武新宿駅前に1956年に開店したそうだ、当初はロシア民謡などをみんなで歌っていたらしい、店名のともしびも、そこから来ている」


ともしび

夜霧のかなたへ別れを告げ 雄々しきますらお出でて行く
窓辺にまたたくともしびに つきせぬ乙女の愛のかげ♪


「1958年に4階建ての灯ビルが出来た。この頃が一番盛り上がっていたかもしれない」 

俺たちは新宿で降りて、西武新宿駅前まで歩いた

灯の店内は2階と3階が吹き抜けになっていて、広いステージがあり、客席も250席あった
最盛期は店内に入りきれない人々が店を取り囲むように並んでいたらしいが、1969年の今は、少し落ち着いていた。
背もたれの無い長椅子に並んで座り、灯歌集を買った
お客はやはり若者ばかりだ
俺のような50代は居ない
ステージに歌唱指導者が上がり、ステージが始まる

「みなさん、お待たせしました!本日第一回目のステージを始めましょう!お待ちかねの一曲目はカチューシャ!」


カチューシャ

りんごの花ほころび 川面にかすみたち
君なき里にも 春はしのびよりぬ♪


こうやって、次から次にみんなで合唱する
初期はロシア民謡などが多かったようだが、この時代はやはりフォークソングが多くなっている
歌集を持っていない人は、初めて会った隣の人に見せてもらって歌った。
演奏はカラオケなんかじゃなくて、バンドの生演奏。
コーヒー一杯で朝から閉店まで歌う人もいるらしい。
最初は恥ずかしがっている人も、周りに影響されて大声で歌っている

詠子も健司も大きな口を開けて歌っていた

こんな、楽しい店なのに・・・
時代の流れには逆らえず、1977年に閉店した。

しかし、今でも
新宿のあるビルの中で「灯」はひっそりとやっている
興味のある人は行ってみてください
客層は年配の人がほとんどですが、今でも大声出して元気に歌っています


つづく


                  参考文献 「歌声喫茶(灯)の青春」 丸山明日香


Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://akira1954.jugem.jp/trackback/145

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

ことはネコ

ワンワンむっちゃん

ルンルンみやこ

おねだりメイペンギン

着ぐるみなおこ

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM