翌週から健司はギターの練習をするということで、武蔵関にある中年男の家に出かけた。

三鷹から自転車で行けば10分くらいでその家に着く。

台所と六畳二間の小さな貸家。

健司がギターを習っている間、詠子は奥の部屋で本を読んでいた。

 

「よし、じゃあ弾いてごらん」

レコードを何回か聞いてコードの流れを練習した後に中年男が言った。

「今ですか?」

「そうだ」

隣室に詠子が聞いていると思うと、健司はちょっと恥ずかしかった。

「さあ早く」

アルペジオ奏法に慣れない健司は指が吊りそうになりながらもゆっくりと弾き出した。

 

イムジン河

作詞:朴 世水

作曲:高 宗漢

日本語詩:松山 猛

補作曲:加藤和彦

 

イムジン河 水清く

とうとうと流る

水鳥自由に むらがり飛びかうよ

我が祖国 南の地

おもいははるか

イムジン河 水清く

とうとうと流る

 

北の大地から

南の空へ

飛びゆく鳥よ 自由の使者よ

だれが祖国を

二つにわけてしまったの

誰が祖国をわけてしまったの

 

イムジン河 空遠く

虹よかかっておくれ

河よ おもいを伝えておくれ

ふるさとをいつまでも

忘れはしない

イムジン河 水清く

とうとうと流る

 

「よし!よく出来た、だいぶ上達したじゃないか」

 

健司はちょっと嬉しかった。この間まではアルペジオ奏法なんて全然出来なかったのに、中年男の指導のおかげで何とか出来る様になった。

隣室の襖の間から、詠子が覗いていた。

ニコッと微笑んでくれた。

健司の顔が真っ赤になった。

 

怪しげな中年男にギターを習っているのも、詠子に会えるからだ。

しかし、いまだに二人の関係がよく分からない。

中年男の名刺には(北山和彦)と書いてあったが、フォーク・クルセダーズの北山修と加藤和彦の名前を足したような名前は怪しげだった。

美少女の名前は田中詠子だから、親子では無さそうだ。

じゃあ、恋人?

しかし年齢差がありすぎる。

詠子は15歳だと言っていたし、中年男北山和彦はどう見ても60歳近い・・・。

 

「コーヒーでも飲むか?」

 

北山が台所に行った。

隣室との間の襖の隙間から詠子が見える。

分厚い本を読んでいる。

健司は思い切って声をかけてみた。

 

「何読んでるの?」

詠子は本から目線を離さずに答えた。

「ハリー・ポッター」

「え??はりぽた?」

詠子は笑いながら「ハリー・ポッターよ、ハリー・ポッターと賢者の石」

あまり本を読まない健司には、聞いたこともない題名だった。

北山がインスタントコーヒーを入れてきた。

北山は何も入れずにブラックのまま飲んでいるが、健司は砂糖とミルクを入れないと、苦くて飲めない。

詠子も本を抱えたまま隣室からやってきて、健司の隣に座った。

インスタントコーヒーを何口か飲んだ後。

「あれ!煙草が切れた・・・仕方ないな、ちょっと買いに行ってくる」

北山はそう言うと詠子の返事も待たず、立ちあがって出て行った。

健司は緊張した。

家の中には詠子と健司だけ。

それも、ぬくもりが感じられそうなほど近くに居る。

詠子は何にも気にしていない風だが、健司は恥ずかしくて顔を見ることも出来ない。

何か話しかけたほうがいいのかもしれないが、何を話していいのか分からない・・・。

突然詠子が立ちあがって、部屋を出て行った。

怒ったのかなと思ったが、トイレのドアが開く音がした。

 

・・・なんだ、トイレか・・・

 

大きく息をした。

あのままだったら、窒息していたかもしれない・・・。

 

詠子の座っていたところに(ハリー・ポッターと賢者の石)という本が置いてある。

健司はそうっと手に取り開いてみた。

 

・・・子供向けの本か・・・

 

何かほっとした。

すごく難しい本を読んでいたら、詠子に対して軽々しく話しかけられない気がしたが、子供向けの本を読んでいるなんて、ちょっと親近感が湧いてきた。

何気なく奥付を見た。

 

1999年12月1日

 

・・・1999年?・・・

 

今は1969年だ・・・今から30年後の本?・・・

詠子に抱いた親近感が消えた。
やっぱり謎の二人だ・・・


 

つづく

 

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://akira1954.jugem.jp/trackback/197

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

ことはネコ

ワンワンむっちゃん

ルンルンみやこ

おねだりメイペンギン

着ぐるみなおこ

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM