一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

 その日も私は中年の健司と16歳の健司の三人で、新宿の歌声喫茶「ともしび」に行ってきた
三鷹に帰る健司は中央線に乗り、私と中年健司は西武新宿線に乗った
中年健司は「北山和彦」と名乗っているが、本名は山田健司、16歳の健司の未来の姿だ。
そのことを16歳の健司は知らない

「いつまでこんな生活続けるの?」
私と中年健司は各駅停車に乗っていた
59歳の健司が「座りたい」とボソッと呟いたので、混雑している急行は避けたのだ
還暦まじかの健司は最近ちょっと疲れ気味だ

「えっ?こんな生活って?」
「あの子をフォーク歌手にしようって生活よ」
健司は面倒くさそうに頷いて「フォーク歌手になるまでだよ・・・あの子がフォーク歌手になって有名になれば、詠子だって嬉しいだろ?」
「別に嬉しくはないわよ・・・それに、考えたことはあるの?あの子がフォーク歌手になるってことは・・・未来が変わるってことよ」
「そうだよ、未来を変えたいから、こんなことしてるんじゃないか」
「未来が変わったら、あなたは存在しなくなるかも知れないのよ?」
「ああ・・・そのことか・・・そんなこと気にしてたら何にも出来やしない」
「そんなことって・・・大事なことじゃないの」
「俺が存在しなくなるとしたら・・・誰が俺になるんだ?」
「そりゃもちろん、16歳の健司が成長してあなたになるのよ、いや違うな・・・あなたになるわけじゃない、59歳の健司になるのよ、その59歳の健司があなただとは限らないってこと」
「・・・俺はエロ漫画ばっかり書いてたからな・・・SFのことはよく分からない・・・だけどほら、ドラえもんって漫画あるだろ、あれに出てくるノビタはホントはジャイコと結婚するはずだったんだ、しかし頑張ればシズカちゃんと結婚出来る可能性があるんだ、ジャイコと結婚するノビタもシズカちゃんと結婚するノビタも、同じノビタだろう?」
「それは漫画のことじゃない・・・ちゃんとしたSF小説では未来が変わってしまうのよ」
「それだって小説の中のことだろう、誰もホントのことは分からないんだ、タイムマシンで過去に行った人間なんて、誰もいないんだからな」
健司は勝ち誇ったような顔で私を見た
中年男のこういう顔は憎たらしい

「・・・私、元の時代に帰りたいな」
こういうと健司はいつも困った表情になる、時々こうやっていじめたくなるんだ
「詠子だって楽しいって言ってたじゃないか」
「まあね、楽しいわよ、新鮮よ、でも私にはこの時代に居る目的が無いもの・・・毎日ぶらぶら16歳の健司くんと遊んでばかり・・・家に帰ると59歳の健司くんが居て・・・私の話し相手は健司くんだけじゃないの」
59歳の健司は困った顔をして口を尖らせた
困るといつも口を尖らせる、それが面白くていじめてるっていうのもあるけど・・・私ってSなんだなあと思う・・・

「働いてみようかな?」
「働く?」
「うん、働いてみたい!」
何気なく言ったセリフだったけど、口に出してみるとホントに働きたくなった
それが一番いい考えだと思えた
「決めた!私働く!いいでしょ?」
健司は更に口を尖らせた
「う〜〜〜ん・・・」
私は宣言した
「働きます!」
なんか楽しくなってきた


つづく



  • -
  • 00:20
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://akira1954.jugem.jp/trackback/208

PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

ことはネコ

ワンワンむっちゃん

ルンルンみやこ

おねだりメイペンギン

着ぐるみなおこ

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM