由紀子「ここは?」

男「ここは196Q年だ」

由紀子「えっ?」

由紀子キョロキョロ辺りを見回す
長髪の薄汚い若者たちが歩いている
まさにここは196Q年の東京

由紀子「こんなところに連れてきて私をどうするつもりなんですか?誘拐?お金が目的なんですか?それとも私の穢れを知らぬ肉体?」

男は慌てて首を振った

男「誘拐でも体が目的でも無い、安心してくれ、何も危害は加えないから」

由紀子は少し安心したようだ

由紀子「それじゃ、ここに連れてくるのは私じゃなくても良かったのですか?」

男「いや!西田由紀子、キミじゃなきゃダメなんだ」

由紀子「それは・・・・私がクラスで一番可愛いから?」

男「ふ〜ん・・・クラスで一番可愛いのか・・・」

由紀子「私が自分で言ってるんじゃないのよ、みんながそう言ってるだけ、クラスのみんながね、先生たちもそう言ってるわ、先輩も後輩も言ってるわ、商店街の人たちも、隣の高校の男子たちも・・・」

男「分かった、分かった、キミが可愛いのはよく分かった」

由紀子はもっといろいろ言いたいみたいだったが、口を噤んだ

男の独白「由紀子はこんな時から自信過剰だったんだな・・・でも、そこが可愛いんだよな〜」

男「さて、それじゃこれからコンサートに行こう」

由紀子「コンサート?誰の?松浦あや?ミニモニ?それともゴマキ?」

男「いや、フォークソングコンサートだ」

由紀子「えええ?なにそれ???」

歩いてきた若者たちが歌いだす

♪友よ夜明け前の闇の中で
♪友よ戦いの炎を燃やせ
♪夜明けは近い 夜明けは近い
♪友よこの闇の向こうには
♪友よ輝く明日がある


   「友よ」 作詞 岡林信康


つづく








Related Entry
Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://akira1954.jugem.jp/trackback/267

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

ことはネコ

ワンワンむっちゃん

ルンルンみやこ

おねだりメイペンギン

着ぐるみなおこ

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM