若者たちの歌う「友よ」を聞きながら、男の目から大粒の涙
しかし、横に立っている由紀子はキョトンとして聞いている

男「素晴らしい唄だ!青春だ!輝く明日があるんだ!」

由紀子「バカみたい」

男「えっ?」

由紀子「夜明けは近いなんて、当たり前じゃん!夜の次は朝なんだから」

男「そりゃ、そうだけど、この唄はそういう意味じゃなくて・・・」

由紀子「お腹空いた、マック行きましょ!遅刻しそうだったから朝何にも食べてないんだ、どうせ学校行かなくていいんでしょ?」

男「まあ、そうだけど・・・じゃあとりあえず行くか・・・しかしこの時代マクドナルドはまだ無かったはずだな・・・そうだ!昔よく通った歌舞伎町のスカラ座に行くか!」

暗転

二人はボックス席に向かい合わせに座っている

由紀子「マックじゃないじゃん!あたしポテト食べたかったのに!」

男「ケーキあるよ、確かナポリタンもあったと思うんだが・・・」

由紀子「ナポリタンって・・・昭和じゃん!」

男「昭和のどこが悪い!・・・まったく、由紀子ってこんな我侭な女だったのかな?」

店員がやってくる

男「ブレンドとナポリタン」

由紀子「あたしはサンドイッチとアールグレー」

首を振る店員

由紀子「アールグレー無いの?えっ?リプトンしかない、なにそれダサい!」仕方ないからそれでいいわ、さっさと持ってきてよ」

店員が去って行くと、由紀子はカバンからタバコを取り出した

男「タバコ吸うのか?」

由紀子「えっダメなの?だって周りみんな吸ってるじゃん、ここ喫煙コーナーなんでしょ?」

男「いや・・・そうじゃなくて、由紀子はまだ高校生だろ?タバコ吸っちゃいけないんじゃないか?」

由紀子「あのさ、さっきから由紀子由紀子って、馴れ馴れしいんだけど、火ある?」

男は由紀子の手からタバコをむしり取った

男「この時代は高校生がタバコ吸うと刑務所に入れられるんだ!やめなさい!」

由紀子「え〜〜〜マジ!刑務所はヤバイじゃん、仕方ないな・・・」

男にスポットライト

男「早く作戦を決行しなくては・・・」

頭を抱える男


つづく













Related Entry
Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://akira1954.jugem.jp/trackback/268

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

ことはネコ

ワンワンむっちゃん

ルンルンみやこ

おねだりメイペンギン

着ぐるみなおこ

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM