一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

着ぐるみ殺人事件の容疑者はステージ上にいる4人。

 

20代後半くらいの女性司会者「J子」フリーの司会者。好きな男性のタイプは優しい人。殺人事件にびっくりして腰を抜かしている。彼女は犯人から除外してもいいかもしれない。しかしそれが演技だとしたら・・・

 

ゆるキャラ「ウサピー」うさぎのような形状。吉祥寺P店のイメージキャラクター。その店はいわゆるピンク系のサービスを提供する店。バニーガールから思いついてウサギの形状にしているらしい。

 

ゆるキャラ「くまモン太郎」熊本の有名なクマモンをパクったとしか思えない形状。これもまた吉祥寺M店のイメージキャラクター。有名なホストクラブである。

 

ゆるキャラ「焼き鳥ちゃん」武蔵関の焼き鳥屋のイメージキャラクター。鳥と豚と牛をミックスして焼き鳥の串を加えてデザインしたらしいが、元ネタが分からないくらいミックスされているので、少し気持ち悪い。ネーミングセンスも最低だ。

 

現状維持のつもりで三体の着ぐるみはそのまま立たせている。表情が分からないという不便さはあるが、脱がせた途端に逃走する可能性もあるので、そのままにしている。着ぐるみの中は汗まみれだろうが仕方ない。

 

そして被害者のゆるキャラ「ポン吉」三鷹市のラーメン店のイメージキャラクター。ラーメン店なのに何故タヌキなのか?。本人が亡くなっているので、それ以上の情報は不明。

以上がゆるキャラ刑事ムサッシーが確認した情報だ。

 

ムサッシーは考えた。

被害者ポン吉は着ぐるみの状態で背中を刺されて殺されている。着ぐるみに包丁の穴は無い。ある意味密室殺人だ。衆人環視のステージ上で、どうやってポン吉を殺すことができたのだろう?

密室殺人!?

ムサッシーはステージ上をグルグル歩きまわって考えた。

しかしこんな難しい事件は初めてだ。どうせ非番だし、おまけにムサッシーは管轄外だ。知らんふりして逃げ出そうと考えた時、甲高いアニメ声が聞こえた。

 

「ちょっと待って〜〜〜!」

上半身が桜をモチーフにした着ぐるみで下半身はタイツ姿のゆるキャラが駆けてきた。西国分寺のゆるキャラ「にしこ君」に似ている。下半身のタイツが色っぽい。

「ムサッシー、あなたは武蔵野市のゆるキャラ刑事でしょ、ここは管轄外よ」

そう言いながらステージに上がってきた。

「そんなのは知ってるサッシー、たまたま居合わせただけサッシー、あんたは?」

「私は井の頭公園の平和を守るゆるキャラ刑事、桜子よ。この事件は私が解決するわ」

「何?ゆるキャラ刑事?俺の真似サッシー?」

ゆるキャラ刑事桜子が動揺した。

「真似じゃないわよ!流行りに乗っただけよ!」

「どう違うサッシー?」

「今はそんな事言ってる場合じゃないわ!この殺人事件は私が解決するわ!」

「なんだと?これは俺の殺人事件だ!」興奮して語尾にサッシーを付けるのを忘れた。

「ムサッシー、あなたにこの事件は解決できないわ」

「うるせええ!」

ムサッシーの闘争本能に火が付いた。こうなったら逃げ出すわけには行かない!

 

つづく

 

  • -
  • 14:45
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Related Entry
Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://akira1954.jugem.jp/trackback/304

PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM