タイムマシン act5


「喉が渇いた・・・」
19歳の彼女がつぶやいた
俺は、水道の蛇口からコップに水を注いで渡したが
「ミネラルウォーターは無いの?」
この時代そんなものは無い
「じゃあ、コーラでいいわ」
俺は外に出た、コンビニはこの時代まだ普及していない、俺は酒屋でビンのコーラを2本買った
部屋に戻ると、彼女がいない、2本のコーラを持ったまま茫然としているとサイレンの音が聞こえてきた
2階の窓から表の通りを見ると、彼女が両手を振り回してパトカーを呼んでいる
まずい!警察に電話したらしい
俺はコーラを持ったまま部屋を飛び出し外階段から裏家の庭に飛び降りて逃げた
タイムパトロール隊はいなくても、本当のパトロール隊は存在するのだ
後ろを振り返ることもせず、裏道から裏道を走り続けた
少し休んでコーラを飲んだ
ここまで来れば大丈夫だろう

しかし、19歳の彼女をこの時代に置き去りにしたままでいいのだろうか?
2011年の彼女が存在しなくなってしまうのか?
大好きな彼女をこのままにしてはいけない

書きながら、前回のお話しを読んでいて、年代の間違いに気づいた!
19歳の彼女を拉致したのは2011年じゃなくて2004年だ!
すいません
ボーッとしながら書いているとこんなことになる・・・時間移動ものは大変です

というわけで
警察から帰ってきた彼女を見つけてまた拉致して2004年に送り届けた

そして1997年に行き小学校帰りの12歳の彼女を拉致して(完全に犯罪者だ・・・)
1970年の23区の外れにあるW町に連れていった
すぐに小さなアパートを借りた
前と同じようなトイレ共同の部屋である
この時代にはこういうアパートは当たり前のように存在していた
12歳の彼女は最初こそ怯えて震えていたが、近所の公園に連れて行くと野良猫見つけて喜んでいた
1970年のこの町はまだ畑が広がり空地もたくさんあった
「飼っていいよ」
そう言うと嬉しそうに猫を抱きかかえて連れてきた
59歳の俺と12歳の彼女との共同生活が始まった
大家には親子と話してある
近くの小学校に編入させてもらい、俺も働きだした
アパートから少し離れたところに、大学に入ったばかりの18歳の俺が住んでいる
紆余曲折あったが、これで何とかうまく進んでいくだろう・・・

つづく





Related Entry
Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://akira1954.jugem.jp/trackback/70

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

ことはネコ

ワンワンむっちゃん

ルンルンみやこ

おねだりメイペンギン

着ぐるみなおこ

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM