廃屋目指して走るマリ
廃屋では馬乗りになったクロがシロの首を絞めていた
「フフフ・・・終わりだな・・・」
シロの顔が蒼くなっている
そこに駆けこんでくるマリ、二匹の姿を見つけ、思いっ切りクロの後頭部を蹴りあげた
「ぶひゃげぼぼどぷぅ」
クロは空中を吹っ飛んで壁に頭がめり込んだ

シロ危機一髪助かった
「これでいいのかしら?」
マリは半信半疑

公民館のトイレから元気なおヨネが飛び出してきた
「おまたせ〜〜〜〜!」
泣きながら喜ぶ香川
「ヨネちゃ〜〜〜〜〜〜ん」
おヨネは香川を無視してステージへ急ぐ
「なんでみんな無視するの〜〜」
泣きながら追いかける香川

ステージではちょうど歓声を受けながらクレイジーナイトが退場するところだった
すれ違うポールとおヨネ
おヨネの横でポール立ち止まり、小さな声で
「クレイジーナイトが優勝したら・・・デートしてくれよな」
そう呟いて去っていった

おヨネたちのハニーパイがステージに立った
拍手と歓声
楽園ホームのお爺さんお婆さんも来ている

演奏が始まった

♪この世は天国 なんかじゃない〜
この世は地獄 しんどいよ〜
早くポックリ 逝きたいよ〜
楽にポックリ 逝きたいよ〜

極楽 極楽 あの世は極楽
極楽ロックでイエ〜〜〜〜ッ!

大歓声
それを聞きながらおヨネは思った
・・・あたしたちが優勝してやるんじゃ!・・・

しかし
廃屋での戦いは終わったわけではなかった

壁にめり込んだクロが
「グオオオオオオ〜ッ」と叫び、床に飛び降りた
「俺は怒ったぞ!もう許しちゃおけねえ」
目は血走り、口からはよだれがダラダラ溢れた

「ネコがしゃべってる?」
マリはびっくり
「危ないですから、下がってください」
シロが言った
「わお!最近のネコはみんなしゃべるの?」
そう言いながらも廃屋から飛び出し電柱の陰からおそるおそるのぞいた

「決着を付けてやる!」
「それはあたしのセリフよ!」
飛びかかるクロ、シロもジャンプしてクロの攻撃を交わしながら反撃
再び戦いが始まった
しかしクロのほうが強い
次第にシロは不利になってゆく
シロの味方をしたくても、二匹の動きがあまりにも早いので、マリにはどうなっているのか分からなかった

間奏に入った
突然おヨネの意識が朦朧となってきて、ガックリと膝をついた
・・・まただわ・・・もうダメみたい・・・このままじゃ変身が解けてしまう・・・
おヨネはふら付きながらステージから降りてトイレに向かった
演奏していた香川たちは何が起こったか分からないまま何度も間奏を演奏しつづけた
客席もザワザワしてきた
香川泣きながら「ヨネちゃんどこ行ったんだよ〜〜〜!」と叫んだ

トイレまでヨロヨロ来ると、丁度男子トイレから鹿児島ケンが出てきた
「緊張すると、ションベンが近いわい・・・」
ケンの姿を目にして、安心したのか「ケンさん・・・」と呼びかけて倒れた
「うん?」
驚くケン、その目の前でおヨネの魔法が解けてお婆さんに戻って行った
「こ・・・これは・・・どうしたことじゃ?」


つづく





  • -
  • 22:29
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://akira1954.jugem.jp/trackback/98

PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

ことはネコ

ワンワンむっちゃん

ルンルンみやこ

おねだりメイペンギン

着ぐるみなおこ

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM