一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ゆるキャラ刑事ムサッシーはその日非番であったが、着ぐるみで出かけた。

いせやの焼き鳥を食おうと思い、吉祥寺駅南口からパープル通りをブラブラ歩いて行った。すると野外ステージの方から子供たちの歓声が聞こえてくる。

焼き鳥を食べながら近づいてみると、ステージにゆるキャラたちが並んでいた。

 

名前を聞いたことも無い様な着ぐるみが四体、媚びたポーズを取っている。

タヌキみたいな着ぐるみ、ウサギみたいな着ぐるみ、熊みたいな着ぐるみ、何だか分からない着ぐるみの四体だ。

「なんか田舎くさい連中ばかりだサッシー」

 

ムサッシーの声を聞いた生意気そうな子供が振り返って「お前はあそこに行かねえのかよ」とムサッシーの腹を蹴ったので、ムカついたムサッシーは思いっきり頭を叩いてやった。

「ぎゃああああ!こいつが殴った!」
子供が大声上げて泣いたので、
あわてて現場から逃走しようとした時。

ステージ前方から大きな笑いが起こった。見ると、タヌキみたいな着ぐるみがうつ伏せになって倒れている。

ステージ上の司会者も他の着ぐるみたちも、笑いを取るためにワザとやったのだろうと思ったらしく、助け起こす事もしないで笑っている。

 

「うんサッシー?」

ムサッシーは嫌な予感がした。

 

1分経っても、倒れたタヌキみたいな着ぐるみはピクリとも動かない。

ステージ前の客たちも、笑いをやめざわついている。

 

「管轄外だが!武蔵野市の平和を守るゆるキャラ刑事ムサッシーだ!」

叫びながらステージに駆け上がり、タヌキみたいな着ぐるみの背中のジッパーを下ろした。すぐに目に飛び込んできたのは刃渡り30センチほどの包丁と真っ赤になった背中だ。

それを覗き込んだ司会者と他の着ぐるみたちから悲鳴が上がった。

 

客たちから包丁は見えないが、只事では無いと思ったのだろう。悲鳴を上げながら子供たちを連れてステージから離れて行った。

「着ぐるみ殺人事件サッシー!」

 

つづく

 


武蔵野市役所に出かけたムサッシー
「市役所前の桜は見事なんですサッシー」
ムサッシーのデザインがおでんくんに似てると気づいて(^_^;)変更しました
おでんくんの演出やっていたので無意識に似てしまったんですね。ごめんなさいリリーさん
頭の木は武蔵野市の木、ケヤキです。お腹のマークは武蔵野市の花、アサガオです。
これで公認が取れるかもwww

今回もこちらから写真をお借りしました、ありがとうございます。
http://komekami.sakura.ne.jp/


武蔵野市の平和を守る非公認ゆるキャラ刑事ムサッシー
今日はサンロードをパトロール
「そこの子供!お母さんの言うことをよく聞くんだぞサッシー!」
これは以下のサイトから写真をお借りしました
今度から自分で撮影してきます(^_^;)
吉祥寺の新しい駅ビルキラリナに入ると「ここ吉祥寺サッシー?」
って気持ちになります(^_^;)渋谷ヒカリエみたいなお洒落な駅ビル(?)
「吉祥寺も変わっていくサッシー」とキラリナの前で感慨に耽るムサッシーの姿はまた今度!

http://komekami.sakura.ne.jp/archives/152/p7133046

 

ホテルニューヨーク

 

ゆるキャラ刑事ムサッシーは今日も変わらず吉祥寺をパトロールしていた。

南口のソープランド前の通りからガードを越えて北口に出た。

喉が渇いたのでコンビニで缶コーヒーを買い一気に飲んだ。着ぐるみの中はけっこう暑いのだ。

「美味しいサッシー!」

ふと見るとコンビニ横の電柱の陰に女の子が立っている。

こんなところで客引きをしているわけじゃないだろうが、とりあえず声をかけてみる。

「どうしたサッシー?待ち合わせサッシー?」

女の子はムサッシーの姿を見て一瞬ギクッとしたが、慌てて駅の方向に歩き出した。

「気をつけて帰るサッシー!」

飲み終えた缶コーヒーをゴミ箱に捨てて、ムサッシーはトヨペットの方向へブラブラ歩いた。

吉祥寺も駅から離れると住宅街が広がっている。

都道七号線を左に曲がり、西友前をパトロールしているとスマホが鳴った。

「なんだサッシー?吉祥寺シアター前で喧嘩?いま行くサッシー!」

ヨドバシカメラ横の道を走る。しかしゆるキャラの足はどうして短いのだろう?こういう時には不便だ。
通りに出ていた客引きたちが、ムサッシーが走ってくる姿を見てあわてて逃げ去った。

ホテルニューヨークの看板が見えてきた、交差点を越えれば吉祥寺シアターだ。

コンビニ横に先ほどの女の子が立っていて、また逃げようとした。

「待つんだサッシー!」

「御免なさい!何もしてません」

「キミは悪いことするような子には見えないサッシー、でも早く家に帰ったほうがいいよ、キャサリン」

「キャサリンじゃないですけど・・・」

「キミにはキャサリンって名前がぴったりサッシー」

「は・・・はあ・・・」

そう言いながらキャサリンはホテルニューヨークを見た。

「どうしたサッシー?」

「健太さんが・・・健太さんが知らない女の人とホテルに入ったんです・・・だから、出てくるのを待っていたんです・・・」

「何だってサッシー?」

吉祥寺シアターの喧嘩の事なんかすっかり忘れてしまったムサッシーは彼女の話を聞くことにした。

 

「会社の飲み会が終わって駅に歩いている時に、健太さんを見かけたんです。知らない茶髪の女の人と手を繋いで歩いていました。付けて行ったら、ホテルニューヨークに入ったんです・・・」

「なるほどサッシー」

「この前、健太さんのスマホ見ちゃったんです、アケミって女の人とメールのやり取りしてて・・・アケミさんからの、私たち付き合ってるよね?ってメールに、友達以上恋人未満かなって返事してたの・・・ホテルに入った女の人がアケミさんだと思います・・・」

 

・・・友達以上恋人未満って、セフレって事だろ!?・・・

 

ムサッシーの中の人が歯ぎしりしながら怒った。
でも、表面上はニッコリしたまま。ここらへんが着ぐるみの良いところだ。

「キャサリンはどこに住んでいるサッシー?」

「キャサリンじゃないけど・・・緑町です」

「よし!武蔵野市民の平和を守るのがムサッシーの役目サッシー!」

その時、ホテルニューヨークから腕を絡ませたチャラそうな男と茶髪女が出てきた。

「あいつが健太かサッシー?」

「そうです・・・」キャサリンはムサッシーの後ろに隠れて呟いた。

駅の方に歩いて行った二人の後を付けて、カラオケBOXの前で声をかけた。

「健太さ〜〜〜ん」

ムサッシーは精一杯のアニメ声で呼びかけた。ちょっとオカマみたいだけど、それは仕方ない。

「えっ?」

健太はギクッと振り向いた。

「健太さ〜〜ん、待ってサッシー。今日はムサッシーの部屋に泊まるって言ってたじゃないのサッシー」

「えっ?なに?」

茶髪女が口を尖らして「なにこのゆるキャラ?」と健太の腕を握り締めた。

「し・・・知らないよ」

「やだやだサッシー、友達以上恋人未満だってメールくれたじゃないサッシー」

「あたしにくれたメールと同じじゃないの?あんたゆるキャラとも付き合ってるの?」

「そ、そんなわけないだろ!知らないよこんな奴!」

ムサッシーは健太に抱きついて嘴を押し付けた。

「キスしてサッシー」

茶髪女は顔をふくらませて「ヘンタイ!」と怒鳴ると駅に向かって走り去った。

「あ・・・ちょっと待ってくれよ〜」

ムサッシーに抱きつかれているので健太は追いかけられない。

「は、放せよ!」

振り向いた健太がムサッシーの後ろにいるキャサリンを見つけた。

「えっ?どうしてここに?」

ムサッシーは健太を放すと、振り向いてキャサリンの肩に優しく手を置いた。

「あとは二人で話し合うサッシー」

「はい」

キャサリンは力強く頷いた。

「ありがとうムサッシー」

「武蔵野市民の平和を守るのがムサッシーの役目サッシー!恋は戦いだキャサリン」
「・・・キャサリンじゃないけど・・・」

呆然としている健太と苦笑するキャサリンを残して、ムサッシーは駅方向に歩き出した。

「民事不介入サッシー!」

 

今夜も武蔵野市は平和だ。


 

質問コーナー

 

「どうして、ゆるキャラが刑事なんですか?」

そんな質問を頂いたので、お答えしましょう。

普通の刑事の場合。

「お前がやった事は分かっているんだ!さっさと白状しろ!」

ゆるキャラの場合。

「何したんですサッシー?早く白状して欲しいサッシー」

こうやってソフトに尋問したほうが白状しやすいですよね?

おまけに、殺人現場の緊張した雰囲気が、ゆるキャラ刑事が登場する事により、一同の心が和みます。

悲惨な殺人の事を一時でも忘れられるという癒し効果があるんですね。

子供たちも大喜びです。

それが、ゆるキャラが刑事である理由です。

 

もう一つ質問を頂きました。

「ゆるキャラ刑事の中の人は何をやってる人なんですか?ホントの刑事なんですか?」

お答えしましょう。

基本的には中の人は存在しません。それはふなっしーとかクマモンと同じです。

でも、現実的には存在します。内緒ですよ。子供たちには言わないでください。

ゆるキャラ刑事ムサッシーの中の人は複数存在します。

もちろん全員本物の刑事です。

ムサッシーの着ぐるみも複数存在します。ただし、同じ時間に違う場所に現れないように交代で活動しています。何とかランドのねずみさんと同じです。

ちなみにact3のムサッシーは女好きの中の人でした。

毎回性格設定が違うんじゃないの?と疑問に思ったとしても、そう考えると納得できますよね?

決して行き当たりバッタリで書いているわけではありません(^_^;)

 

最後に格言をひとつ。

「見た目は可愛くても、中身はただのおじさん」

 

 

早朝の地震に気をつけろ!

 

ムサッシーは夜の吉祥寺をパトロールしていた。

すると絹を裂くような悲鳴!

ムサッシーが駆けつけると。モデルのようなナイスバディの女の子が酔っ払いに絡まれていた。
「いいだろう一緒に飲みに行こうぜ〜〜」
「やめてください!」
酔っ払いのサラリーマンがナイスバディの腕を掴んで引きずって行こうとしていた

「僕はゆるキャラ刑事ムサッシー!武蔵野市の治安を守っているサッシー!そこの酔っ払い!女の子から手を放すサッシー!」

「なんでゆるキャラが夜中歩いてるんだよ!ゆるキャラは子供と遊んでろ!」

「お前の家はどこだサッシー?」

「東久留米だ!それがどうした!?」

「武蔵野市の平和を乱す東久留米の輩は許さないサッシー!」

なにげにムサッシーは柔道五段なのであった。

投げられた酔っ払いは「ちきしょ〜覚えてろ〜〜〜」などとお決まりの台詞を言いながら逃げていった。

「ありがとうございますムサッシーさん」

ナイスバディが抱きついてきた。

「怪我は無いサッシー?」

「はい、大丈夫です。このあとお時間ありましたら、私の部屋でワインでもいかがですか?助けていただいたお礼です」

「あなたの部屋は武蔵野市ですかサッシー?」

「はい、中町です」

「武蔵野市の平和を守るムサッシーは、あなたの部屋を守るサッシー」

いつの間にかムサッシーは女の部屋にいた。

ナイスバディは部屋着に着替えていた。艶かしい太ももがムサッシーの欲望を刺激した。

「たまらないサッシー!」そう叫んだ時、部屋が揺れた。

「なんだサッシー???」

 

そこで目覚めた。

自室のベッドの上で揺れてるムサッシー。

「地震サッシー?」

武蔵野市の平和を守るムサッシーはすぐに飛び起きてテレビを付けた。

「こどもの日なのに地震サッシー!もっと夢の中にいたかったのに!惜しいことしたサッシー!」

テレビをつけたまま部屋の中を確認。

「タンスは倒れてないサッシー!冷蔵庫は倒れてないサッシー!なに!?震度5弱サッシー!なんて恐ろしいサッシー!」

ムサッシーはすぐに外に飛び出して家の回りを確認!

こんな早朝でも外には何人かの人々が歩いている。

走り回るムサッシーを見て人々は驚いて避けて行く。

「よし!すべてOKサッシー!」

ついでにコンビニに寄った。

「コンビニも異常なしサッシー!」

ナポリタンとペットボトルを持ってレジに行くと、ムサッシーの姿を見たモデルのようなナイスバディの女店員が驚いた。

「ななな、なんでゆるキャラがいるの?」

「僕はゆるキャラ刑事ムサッシー!武蔵野市の治安を守っているサッシー!」

「可愛い〜〜〜!」

ナイスバディはムサッシーに抱きついてきた。女好きのムサッシーはお尻をナデナデ。

「やだ〜ゆるキャラなのにそんなことしちゃダメよ〜」

「僕の家はすぐそこだから、仕事終わったら遊びにくるサッシー」

「うん、行く行く!」

ご機嫌で家に戻り珈琲を入れて一服する。

「正夢だったサッシー!武蔵野市は今日も平和サッシー」

珈琲飲んだら急に睡魔に襲われムサッシーは横になった瞬間に熟睡してしまった。

ナイスバディがチャイムを鳴らした事にも気づかず、
夕方目覚めて深く後悔するムサッシーなのであった。
「地震のせいだサッシー」



 

 

 

井の頭公園の惨劇!
 

吉祥寺と言えば井の頭公園。花見の季節ともなれば老若男女集まって飲めや歌えの大宴会。
でも注意が必要です。
井の頭公園には街灯しかありません。桜はライトアップされてません。
だって、公園の周りは住宅街だから。
そんなわけで宴会は昼間から夕方までが最適。遅くまで騒いでいると近所迷惑。
でも、毎年夜中まで騒ぐ輩がたくさんいます。
暗い中で飲んでるとテンション上がってしまうので注意しましょう。
 
今年の花見もそうでした。
夜中まで若者たちが騒いでいました。
ゆるキャラ刑事ムサッシーは公園脇の焼き鳥屋で飲んでいました。
しかし、あまりにも騒がしいので、ムサッシーが注意に行きます。
治安を守るムサッシーとしては当然の行為ですね。


「僕はゆるキャラ刑事ムサッシー!武蔵野市の平和を守っているサッシー!君たち夜中に騒いではいけないサッシー!」
「なんだなんだ?」
「ゆるキャラか?」
「ゆるキャラのくせに焼き鳥食ってるぞ!」
「生意気だ!」

「お前なんかに言われる筋合いは無いぞ!」
「子供と遊んでろ〜!」
酔った若者たちにからかわれたムサッシー、激怒して若者たちを次々と池に投げ込んだ。
「てめえらなんかこうしてやるサッシー!」
なにげにムサッシーは柔道五段なのであった。
池に落ちた若者たちは一斉に文句を言った。
「ここは三鷹市だぞ!武蔵野市じゃない!」

そうなのだ!井の頭公園は吉祥寺駅から近いけど、三鷹市なのであった。
武蔵野市の平和を守るムサッシーの管轄外なのであった。
「間違えたサッシー」
慌てて吉祥寺通りを越えて武蔵野市に逃げ帰るムサッシーなのであった。
「も〜〜〜!今夜はハモニカ横丁で朝まで飲んでやるサッシー!」

 
おしまい
 

ゆるキャラ刑事

ムサッシー!

Act

 

 

吉祥寺の夜。

昔で言えば近鉄裏。今はヨドバシカメラ裏。

 

ここは怪しげな大人の街。

吉祥寺駅北口ガード横、ホテルニューヨークまでの道にウロウロする客引きたち。

今夜もそこでは性欲にまみれた大人たちが蠢いていた。

「社長、どこ行くの?いいとこあるよ」

「社長じゃない!係長だ!何だよいいとこって?」

「係長!そこのセクキャバなんだけど、60300円」

「60300円?なんでそんな安いんだ?どうせ80歳くらいの婆さんばっかりだろ!」

「そんなことないですよ、かわいい子がいっぱい、まあ騙されたと思って、60300円ですよ、タバコより安いんだから、でね、気に入ったら延長してもらえばいいですから」

なんて言われてセクキャバに入って行く50前後のいかにもスケベ面の係長。

 

その2時間後、その客引きとスケベ面のおじさんが時間貸し駐車場前でもみ合っていた。

遠巻きに眺める酔客と客引きたち。

パトロール中のムサッシーがそこへやってきた。

「どうしたサッシー?」

ネオンサインの光の中で頭傾けるムサッシーの姿は不釣り合いなだけに不気味でもあり可愛くもあり、不思議な光景。

でも、何となく心が和む。

客引きはすぐにムサッシーに助けを求めた。

「聞いてよムサッシー、このお客さんが、騙された!金返せ!って怒ってるんですよ」

「当たり前じゃないか!あんな店!返せ700円!」

ムサッシーは開きっぱなしのつぶらな瞳でスケベ面の係長に顔を近づけた。

「騙されたサッシー?でも、この店は60300円サッシー。なんで700円サッシー?つまり一回延長して、店の子に1杯飲ませたサッシー?」

係長「うっ!」となったが、ここで負けたら700円取り戻せないから必死に抵抗。

「なんだよお前は!なんでここにゆるキャラが居るんだよ!ゆるキャラには関係無いんだ!警察呼べ警察!」

「僕はゆるキャラ刑事ムサッシー!武蔵野市の治安を守っているサッシー!お客さん延長したって事は楽しんだってことサッシー?2時間楽しく過ごせたんだから良かったサッシー。この客引きは何も騙してないサッシー」

係長急に弱気になって。

「き・・・聞いてくれよ旦那、そりゃ楽しんだけどさ、店の女全員サルだったんだぜ?人間じゃ無いんだよ」

「当たり前サッシー!店の看板見るサッシー」

そう言われてスケベ面の係長、見上げた。

セクキャバ・モンキー

「ここは吉祥寺でも有名なおサルさんばかりのお店だサッシー!吉祥寺で飲み歩く人なら誰でも知ってるサッシー!お客さん武蔵野市の人間じゃないサッシー?」

「た・・・立川だ」

「ゲヒョゲヒョゲヒョ、田舎者サッシー!」

遠巻きに見ていた客引きと酔客も笑った。

「ハハハハハハ、田舎者〜!」

スケベ面の係長は無い尻尾を巻いて退散した。

ビルの入口で心配そうに見ていたおサルさんたちもニッコリしてムサッシーに手を振った。

今夜も武蔵野市の平和を守ったムサッシーであった!

 

つづく・・・かも

 

 

彼の名は・・・

武蔵野市非公認ゆるキャラ「ムサッシー」
職業は探偵である。

 

某月某日の朝

三鷹駅北口の喫茶室ルノアール。

いつものように黒蜜カフェ・オーレを飲んでいるゆるキャラムサッシー。

 

ムサッシー「黒蜜カフェ・オーレ最高サッシ〜〜〜〜!」

 

突然店内に響き渡るような大声を出すムサッシー。

しかし、そこで驚くのは武蔵野市住民ではない。

武蔵野市に住んでいる住民に取っては見慣れた毎朝の風景なのだ。

 

ムサッシー「今日も頑張るサッシ〜!」

 

一口飲むたびに大声出すが、店員もお客も注意はしない。

ムサッシーが怒ると怖いのを、みんな知っているのだ。

そこらへんの事情は追々語っていこう。

 

しかし、ムサッシーのおかげで武蔵野市の治安が守られているのは歴然とした事実なのだ。

ムサッシーの職業は探偵である。しかし事務所は無い。いうなれば武蔵野市全体がムサッシーの事務所のようなものだ。

 

朝の黒蜜カフェ・オーレを飲み終えると、ムサッシーは武蔵野市のパトロールに出かける。

まずは三鷹駅北側からパトロール。

ここは三鷹駅と言う名前がついているが、北側は武蔵野市、南側が三鷹市なのだ。

駅の下に流れている玉川上水が二つの市の境界線だ。

近年まで北側は開発が遅れていたが、ここ何年かで開発が進み、綺麗な街並みになってきた。

ムサッシーは駅前の花屋の店員に挨拶する

「おはようサッシ〜!」

駅前交番の警官にも挨拶する。

「おはようサッシ〜!」

タクシーの運転手にも挨拶する。

「おはようサッシ〜!」

街ゆく人々にも挨拶する。

「おはようサッシ〜!」「おはようサッシ〜!」「おはようサッシ〜!」

そうやって駅前広場をゆっくり歩く。

それが武蔵野市の一日の始まりだ。

武蔵野市の平和、それがムサッシーの願い。

 

次回からは、ムサッシーが解決していったおぞましい事件の数々をみなさんに紹介しようと思っています。

ゆるキャラ探偵ムサッシーの活躍をお楽しみに!

 

 


森の奥に住んでいる怪物のドンちゃん。
お母さんと二人暮らし。
お父さんは人間に殺された。
怪物は人間の天敵なのだ。
「森から出ちゃダメよ、殺されちゃうからね」
お母さんにはいつもそう言われてる。

ある日テレビを見ていると、ゆるキャラと呼ばれる怪物が子供と遊んでいた。
ドンちゃん考えた。
・・・怪物なのに、みんな怖がってない?・・・
テレビの中のゆるキャラは子供に大人気。
・・・いいな、僕も一緒に遊びたい・・・

お母さんが昼寝しているスキに、そっと家を抜け出して街に出かけた。
大きな公園から子供たちの歓声が聞こえてくる。
ドンちゃんが公園の入口でウロウロしていると、係員の人が近寄って来た。
・・・もしかして殺されちゃう!?・・・
ドンちゃんビクビク。
「さあ、こっちですよ」係員は優しく言うと、ステージに連れて行ってくれた。
そこにはドンちゃんみたいな怪物がたくさん集まっていた。
・・・わあ!僕の仲間がいる〜〜!・・・
子供たちはドンちゃんを見て「可愛い〜〜」なんて言っている。
・・・人間ってホントは怪物のこと好きなんだ!・・・

ゆるキャラコンテストが始まって、ふなりんってゆるキャラが優勝した。
ドンちゃんはふなりんに「良かったね」と話しかけると
「嬉しいふな〜〜〜」と答えてくれた。
ふなりんとドンちゃんは仲良しになった。

コンテストが終わった。
ドンちゃんはふなりんに「もっと遊ぼうよ」と話しかけた。
でもふなりんは「ふざけんなよ!次の仕事が待ってんだ。子供じゃあるまいし遊んでいるヒマなんてねえよ!」
そう言いながら後ろのチャックが開くと、中からおじさんが出てきた。
ドンちゃんびっくり!
・・・あれれれれ?ふなりん怪物じゃないんだ!中に人間が入ってるんだ!・・・

ふなりんの中に入っていたおじさんは「お疲れ様〜!あ〜忙しい忙しい!」と言いながらタクシーに乗った。
ドンちゃんガッカリ。
・・・怪物だと思ってたけど、みんな中に人間が入ってるんだ・・・

そうしたら、後ろから声が!
「僕たちは中に人間なんて入ってないよ」
「本当の怪物だよ」
振り返ると、ゆるキャラたちがニコニコしてドンちゃんを見つめていた。
「ゆるキャラのふりしてると、人間は僕たち怪物を殺さないんだ」
「だから、ドンちゃんもこれからはゆるキャラのふりをしたほうが楽しいよ」
ドンちゃん大喜び!
「わ〜い!そうなんだ!」

次の日からドンちゃんとお母さんは、親子ゆるキャラとして街の人気者になりました。

おしまい


 


PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

ことはネコ

ワンワンむっちゃん

ルンルンみやこ

おねだりメイペンギン

着ぐるみなおこ

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM